キャンプ 愛犬との暮らし

【犬連れキャンプ】滋賀県で冬キャンプOK|【マイアミ浜オートキャンプ場】のご紹介。

2021年12月15日

こんにちは。mimicoro(みみころ)です。今日は滋賀県の犬連れキャンプが出来て、冬キャンプもできるキャンプ場【マイアミ浜オートキャンプ場】のご紹介です。

キャンプ場さんによっては、積雪関係で利用できなかったりするもんね。ここは数少ない【犬連れキャンプOK】&【冬キャンプOK】な有難い存在です。

主人

犬連れキャンプ|マイアミ浜オートキャンプ場の特徴

  • 高規格キャンプ場です。
  • 犬連れキャンプOK。
  • 施設内の手入れが行き届いている。
  • スタッフさんの対応最高!
  • 水洗トイレがある(一部古いタイプのトイレあり。)
  • ゴミを捨てて帰れる。
  • 近隣に温泉がある。
  • キャンプ場内に広い広場がある。
  • 目の前が琵琶湖。
  • 冬も利用可能なキャンプ場。
  • オフシーズンの料金が安い。
  • 直ぐ隣にデイキャンプ専用の場所がある。

犬連れキャンプ|マイアミ浜オートキャンプ場の基本情報

滋賀県の中で唯一デイキャンプ専用広場を併設されているキャンプ場で、県内外のキャンパーさんに愛され続けてるキャンプ場さんです。

デイキャンプを楽しみたい方は、隣接している【ビワコマイアミランド】へ。

所在地

所在地:〒524-0201 滋賀県野洲市吉川3326番地1

予約・お問合せ

電話予約|077-589-5725(9:00~17:00)

インターネット予約:予約状況はこちらから※注意点は一旦予約を入れてから回答までに少し時間がかかります。

急いでいる方はお電話で問い合わせをおススメしますが、

チェクイン開始時間14時や最終チェックアウト時間12時前後は電話が繋がりにくいと思います

そのあたりのお時間を避けられた方がベターかも。

予約について注意事項はこちらから|2021/12/13現在サイト予約は最大2区画までや基本人数以内での利用を発表されています。

目を通していただいてからのご予約がオススメです。

下は2022年3月の予約状況です。すべに土曜日のテントサイトは【満】ですね・・・。

直前でキャンセルが発生することもあるので、ちょこちょこカレンダーを見ています。

画像出典:マイアミ浜オートキャンプ場HP

1犬連れキャンプ|営業時間・利用料金

営業時間や利用料金も気になるところだと思いますので調べてみました。

営業時間・チェックイン・チェックアウトタイム

予約受付インターネット予約(3ヶ月先までの予約が可能)
電話予約(9:00~17:00)
現在の空き状況はこちらから
テントサイト・キャビンサイト共にチェックイン  14:00~17:00
チェックアウト  9:00~12:00(正午)
とてもシンプルな営業時間ですね。

消灯時間は午後10時です。消灯時間以降朝6時までは各自静かに過ごしましょう。皆が気持ちよく過ごせる空間作り大切ですね。

※前日の利用がなければアーリーチェックインも可能です。その場合は午前10時より利用ができて¥1,010-の追加料金が必要です。前日に電話にて確認をお願いします。

※チェックアウト当日、他の予約がなければレイトチェックアウトが可能です。午後4時まで延長ができて¥1,010-の延長料金が必要です。チェックアウト当日に確認をお願いします。

施設利用料金・キャンセル料・予約金について

テントが張れるオートサイトはA・B・Cサイトとあります。それぞれの利用料金ですが

Aサイト利用料金はこちらから❉

他のキャンパーさんも書いていらっしゃいますが、無料温水シャワーや流し台、A/C電源20Aがサイト料金に含まれているので、非常に人気の高いサイトです。

私はAサイトの利用はまだした事がありません。他のキャンパーさんの口コミによると、松の木があり木陰が出来て過ごしやすいとの事です。

Bサイト利用料金はこちらから

このサイトを利用した感想としては、琵琶湖側の予約が取れるとテントから琵琶湖を臨む事ができるので最高だと思います。A/C電源20A付きでサイト料金に含まれています。

❉Cサイトの利用料金はこちらから❉

個人的に一番気に入っているサイトです。A&Bサイトから離れていて、どちらかと言えばキャンプに慣れている方の利用が多いように思います。静かに過ごしたい思いが強いのかな?

本当にキャンプが初めて!と言う方はAサイトからスタートされる方が安心なのかな?と思います。 A/C電源20A付きでサイト料金に含まれています。

また、こちらのキャンプ場ではキャビンやキャンピングカー専用サイトもあるので、ぜひそちらもご覧ください。

❉キャンピングカー(モーターホーム)の料金はこちらから❉

❉キャビン|ヴィラマイアミ(全1棟5名用)の料金はこちらから❉

❉キャビン|マイアミキャビン(全5棟5名用)の料金はこちらから❉

❉キャビン|カリフォルニアキャビン(全10棟5名用)の料金はこちらから❉

❉キャビン|BIGマイアミ(全1棟:10名用)の料金はこちらから❉

テントサイト以外にもこれだけ揃ったサイトがあるのは滋賀県内でもここだけだと思います。

今夏はカルフォルニアキャビンも利用し、昼間は琵琶湖で遊び、夜は冷房の効いた部屋で寝れました。

その時は就寝時、愛犬をクレートに入れた状態であればキャビン利用可とおっしゃってくださいましたが、現在のHPではキャビンは犬同伴不可となっています。

キャンセル料についてのご案内

レンタル料金など

こちらも色々と揃っているようです。手ぶらでキャンプを楽しめそうですね!

出典:マイアミ浜オートキャンプ場HP

犬連れキャンプ:マイアミ浜オートキャンプ場|施設・サイト情報

ここからは私たちが利用したサイトをご紹介させていただきますね。

オートサイトの広さ&冬キャンプは【比良おろし】に注意!

一番最初に宿泊したのが【C -1】サイトでした。個人的にはCサイトが好きです。

黄色の丸で囲っているところが利用したサイトです。

この日は大寒波が来てる日にキャンプを決行し、かなり寒かったのを覚えています。

その為撮影する余裕がなくて広さが分かる写真がなくてスミマセン。

この時に使っていたテントはsnowpeakのエルフィールドを使いましたが、テントとあと焚き火するぐらいのスペースはありました。

ここのサイトが好きな理由はA&Bサイトから離れていて、良い意味で離れ小島。No.5~9ぐらいのサイトであれば目の前に琵琶湖があるので、良い眺めを楽しめると思います。

そして好きな理由のもう一つは、サイトの裏側と言ったらよいのかな?

専用の柵と扉が付いていて、他の方が入りにくい設計になっているなと。その扉から外にでて琵琶湖側までラクに散歩へ行けます。

C-1サイトで焚火をしている主人です。

あと、【B-8】サイト(下写真)も利用しましが、こちらは目の前が琵琶湖なので、テントの中から琵琶湖を臨む事ができました。

【B - 8】サイトからの景色。コーヒーを飲みながら琵琶湖を眺められる贅沢な時間です。
【B-8】サイトでの撮影です。L字タイプなのでレイアウトに少し時間がかかりました(笑)

個人的な感想ですが、どちらのサイトも大きいテントは利用できないな、と言う感想です。

上の写真ぐらいのテントであれば問題なく設営できると思います。

また冬のこのキャンプ場で気を付けたいのが【比良おろし】と呼んでいる強風です。

キャンプ場の対岸にある山、比良山地を超えて琵琶湖側に吹き降りる強風がキャンプ場にまで届き影響が出ていると思います。

この風はJRの電車が止まるほどの勢いがあり上の写真の私たちもけっこう風に煽られてます。

そのため、ペッグは長めの物を使うほうが良いと思います。28㎝、30㎝あたりは欲しいところかと。

電源・水道・流し台・トイレ

【電源】は全てのサイトにあるので、ポータブル電源持参は必要ありません。

しかも電源利用料金は最初からサイト利用料金に含まれているので嬉しいですね!

【水道】・【流し台】ですが、全部で3ヶ所(それぞれのサイト)にあります。

Aサイト側の流し台の一部ですがお湯の出る流し台がありました。

真冬に洗い物はかなり厳しいと思うので私は厚手のゴム手袋を持参して洗い物をしています。素手で洗うより断然温かいですよ♪

【トイレ】も全体的に綺麗ですが一番綺麗なのはAサイトの受付棟近くのトイレが最新です。

他のトイレは水洗式、汲み取り式、循環式があります。どこも綺麗に掃除されています。

シャワー・コインランドリー・近隣の温泉

【シャワー】や【コインランドリー】あります!シャワーはコインシャワーなので100円玉のご準備をお願いします。

近隣の温泉状況ですが食材の買い出しにオススメピエリ守山さんがあります。

そのピエリ守山の中に【水春】と言う琵琶湖に面した温泉があります。

キャンプ場から一番近い温泉なのでチェックアウトしてからここに立ち寄りさっぱりして帰る方も多いようです。

出典:守山湯元水春HP

営業時間は10:00~20:00(最終受付19:30)※日祝7:00~20:00のようです。日祝は早朝から開いているので有難いですね♪

薪の料金

薪の料金ですが、これは今まで訪れたキャンプ場の中で一番安かったです!安くてボリュームもあり、木の質も良いと思います。

それでなんと1束¥400-これはもう買うしかないでしょう!となって2束購入(笑)

他のキャンプ場さんではこれぐらいの内容だと700円前後ですね。

犬連れキャンプ|ゴミの出し方について

ゴミは綺麗に仕分けをされています。燃えるゴミ・ビン・アルミ缶・スチール缶・段ボールまで分別して捨てて帰れますが、ゴミ袋は持参してください。

犬連れキャンプについて

リードはマストです!ノーリードサイトはないので、他のキャンパーさんのご迷惑にならないようにしておく必要があります。

広々としたキャンプ場なので、散歩がしっかりできます♪

琵琶湖沿いで散歩出来るっていいですよね。

犬連れキャンプ|地元人の渋滞情報 |京都方面から来られる方の注意点

京都方面(京都東IC)から西大津バイパス(湖西道路)から来られる場合、土日のバイパスは渋滞が発生します。

とくに連休や夏のシーズンは渋滞抜けるまで1時間かかった・・・。

なんて話もありますので、個人的には下阪本ランプと言う降り口で一旦バイパスを降りて、降りたバイパス沿いの道を北上してもらうのが良いと思います。

降りる【下阪本ランプ】の看板です!

その道ひたすら進むとまたバイパスの入口【坂本北IC】があるので、そちらからバイパスに合流すると、一番渋滞する箇所を避けることが出来ます。

この区間が渋滞する理由は2車線から1車線になる事と、坂本北ICからの合流があるためです。

そして、ご注意いただきたいのが、ここを避けたからと言って渋滞が必ず解消できると言うわけじゃありません。

坂本北ICから合流しても夏場は福井方面や滋賀県の北部へ出かける方が多いため、渋滞したままの場合もあります。

とくに夏場真野ICで降りても、ここから琵琶湖に向かってさらに渋滞している場合があります。理由は別のルート経由の車が真野ICで合流し車両が増えるからです。

そのため本来であれば余裕でチェックインできたはずなのに渋滞に巻き込まれて予想外の到着時間になるかもしれません。

バイパスを使わずに国道161号線を進んだ方が早かった。なんて事もあります。何度もバイパスを通りますが、土日は【下阪本ランプ】~【阪本北IC】間を避けます。

必ず降りて欲しい、と言うわけじゃありませんがご参考程度にしていただければ幸いです。

犬連れキャンプ|虫情報(琵琶湖虫について)

県内に住んでいる人ならご存知かもしれませんが、琵琶湖沿いに住む方には避けて通れない虫がいます。

それは琶湖虫(ビワコムシ)と呼ばれる虫(オオユスリカ)です。

それが大量発生する時期があり、その時期が概ね3月~4月と9月頃と言われています。

蚊に似ていますが人を刺すことはありません。

人体に具体的な害は与えないようなんですが、大きさがわりとあるので飛んでいると心理的に気持ち悪いと思ってしまいます。

今年(2021)12月の前半にデイキャンプをしましたが琵琶湖虫がいました。

穏やかな日が続いたからでしょうか?たくさん飛んでいて急いで蚊取り線香を焚きました。本当に厄介な虫です。

来春キャンプをご検討されている方はこういった虫が存在している事を知っていただきたいな、と思います。

時期としては早いかもしれませんが蚊取り線香などの防虫対策をおすすめします。

この虫の大きさが気になる方は【琵琶湖虫】でググってください。直ぐに出てきます。

犬連れキャンプ|子なし夫婦さんが気を付けた方が良いこと?

子なし夫婦さんが気を付けた方が良いこと?ですが、夏場のAサイトはファミリーキャンパーさんが一気に増えますので、お子さん率が高いです。

賑やかな声が苦手だな、と思われる場合はCサイトが良いと思います。

もちろん全くご利用されてない、と言うわけではありませんがAサイトに比べると少ないと思います。

犬連れキャンプ|まとめ

滋賀県内にはたくさん良いキャンプ場がありますが、こちらのキャンプ場さんはトップクラスの高規格キャンプ場だと思います。

ドッグランサイトやノーリードサイトはありませんが、広々とした場内が犬のストレスを軽減しているのかな?

犬連れキャンプをしているキャンパーさんも楽しめているのではないのかな?と思っています。

初めての犬連れキャンプ&琵琶湖でキャンプ、そして冬キャンプを楽しみたい方へおすすめです。

初めての【犬連れキャンプ】
【犬連れキャンプ】ストレス大丈夫?愛犬とキャンプを楽しむ為の注意点や準備とは?

Contents1 犬連れキャンプ|このブログを読んで頂きたい方とは?2 犬連れキャンプ|ストレス軽減のための注意点や準備とは?2.1 狂犬病ワクチン、混合ワクチン接種済みの確認。2.2 【犬同伴】【 ...

続きを見る

\ランキングに参加中です/
ポチッとして頂ければ励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

mimicoro

ブログ管理人のみみころです!
関西在住の40代主婦です。
愛犬との暮らし・趣味のキャンプ
子供のいない夫婦のこと・マイホームなど
感じたことやおすすめの情報を
発信していきたいと思います。
よろしくお願い致します!

-キャンプ, 愛犬との暮らし